初回 平成23年5月7日
女性 63歳 主婦

<主訴> 急性腰痛
特に腰の前かがみが、痛みでほとんど出来ない。イスから立ち上がりの時に激痛。
立った姿勢では右腰の鈍痛がおこる。

<現病歴>
・5月2日~5日まで、忙しかった。

・5月2日と5日に、潮干狩りに行った際に腰に少し痛みを感じていた。

・またゴールデンウィーク中は来客も多く、いつもより長く台所に立っていることが
多かった。

・5月6日に娘さんとお孫さんとで買い物に行った際、食事したところがクーラーが
よく効いていて寒かった。買い物から帰宅して車から降りようとした際に腰痛を感じ、そのあとは腰が立てなくなり寝込んでしまった。

・次の日になり、少し動けるようになったため、和歌山より娘さんに車に乗せてきてもらい来院される。

<証>
寒湿邪(クーラーの冷え)による膀胱経の経絡異常、腎虚

もともと腎虚(腰や膝など下半身の弱り、冷えを起こしやすタイプ)がある方が、
台所の立ち仕事や潮干狩りでの無理な姿勢をして腰に負担かけ続け疲労していたところに、クーラーの冷えが弱った腎と表裏関係の膀胱経に影響して、経絡をいためて、急性腰痛をおこしたと捉えた。

また痛みがキツイので、まず膀胱経を整えたのち、腰痛を起こさせた大本の腎虚の治療をすべきだとした。

<治療>
承山(膀胱経にあるツボ、ここに溜った冷えを散らす)・・・・1診目
大巨(腎虚を補う、下半身の弱りを助ける)・・・・・・・・・2、3診目

<経過>
1診目(5月7日)・・・・・施術直後より、痛みはあるが、動きやすさを実感して、安心され、娘さん宅に帰宅。

2診目(5月9日)・・・・・痛みが殆どとれて日常生活はほぼ問題なくできるまで
回復。右腰鈍痛、床に座って立ち上がるときに腰が伸びにくい感じが残っている。

3診目(5月10日)・・・右腰に違和感のみで痛みなし。
和歌山の自宅へ無事、戻られる。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。

こちらの方は遠方ですが、元々は一年前より右膝痛のため、毎月一度娘さん宅にこられた際に一週間ほど集中して治療に来られていました。
しかし、その右膝の痛みがだいぶ良くなって気がゆるんだのと、患者さん自身が忙しかったため、治療が4ヶ月ほどあいていました。そこへ無理をして腰を痛めてしまったのです。

診たところ、こちらの方は比較的元気な方でツボの反応が、下半身の腰の病の痛む同じ側の足にあるツボ(承山)に反応が出ていたので、一見症状はキツイようですが病は治しやすいタイプです。

逆に同じ急性腰痛でも、痛んでから日にちがたち、こじらせてたり、体力がひどく弱って
いたり、上半身にツボや気の傾きの反応がでている場合などは治しにくくなります。

付け加えて言えば、こちらの方は今回、腰の痛みがひどくて、近くの治療院を探そうとも思ったようなのですが、遠くても先生(私)ならすぐに良くしてくれるだろうと、来院されてきました。このように患者さんと私との信頼関係があると治療効果は更にグッと上がるんですよ。

しかしながら今回、急性腰痛は落ち着いたものの、こちらの方の大本の病の腎虚はまだ残っている状態ですので「また一カ月以内に必ず来院するよう」に最後に注意して、ニコニコとして無事に帰っていかれました。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。

受付時間・アクセス

footer_mapfooter_map2

※第1・3週木曜・日曜・祝日休診
〒636-0002 奈良県北葛城郡王寺町王寺2丁目11-33 アーバンスペース70B
TEL:0745-43-5303 E-mail: info@seishin-shinkyu.com